sponsoredlinks

アンコール/カンボジアの世界遺産

カンボジアの世界遺産の中からアンコールについての紹介ですカンボジア旅行のときにはアンコールへ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

アンコールワット
Angkor
所在国:カンボジア
世界遺産登録:1992年
世界遺産の種類:文化遺産、危機遺産

アンコール遺跡とは、9〜15世紀に繁栄したクメール王朝時代の壮大な遺跡群のことです。現在のカンボジアの首都であるプノンペンから北西およそ300キロほどにあるトンレサップ湖の北側に位置しています。現在は、長く続いたカンボジア内戦で荒れた遺跡を守るために、アンコール考古学公園として、管理されています。その範囲は熱帯雨林の森林を含んで400平方キロメートルにも及びます。その中には、世界的に有名なアンコールワット、アンコールトムが含まれています。アンコールワットとはクメール語で「寺院のある町」という意味を持ちます。太陽王と称されたスーリヤヴァルマン2世によって建設されたヒンドゥー教の寺院アンコールワットはアンコールの中でも最大の建造物であり、かつ王の宗教観が表現されたクメール芸術の最高傑作とされています。そしてアンコール・トムは「大きな町」という意味を持ちます。ほぼ正方形の城壁と壕で囲まれています。見どころは、「バイヨンの微笑」といわれる彫刻がなされた、観世音菩薩の四面仏顔塔が立ち並ぶバイヨン寺院です。アンコールトムには、ほかにヒンドゥー教の神々であるナーガやアスラの像がみられ、ここから大乗仏教からヒンドゥー化した流れをかいまみることができます。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。