sponsoredlinks

聖地アヌラーダプラ/スリランカ民主社会主義共和国の世界遺産

スリランカ民主社会主義共和国の世界遺産の中から聖地アヌラーダプラについての紹介ですスリランカ民主社会主義共和国旅行のときには聖地アヌラーダプラへ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

聖地アヌラーダプラ
Sacred City of Anuradhapura
所在国:スリランカ民主社会主義共和国
世界遺産登録:1982年
世界遺産の種類:文化遺産

聖地アヌラーダプラは、スリランカ民主社会主義共和国の最古の首都で、古代シンハラ王朝の都としても栄えたスリランカ中北部の町です。紀元前4世紀から約600年間、首都として繁栄したものの、13世紀頃に王位継承争いなどで政情が不安定に陥ったことで、衰退してしまい、ジャングルと化してしまいました。聖地アヌラーダプラは、狩人や掃除夫、異教徒や外国人の住宅地、カーストによる墓地など考えられた都市計画のもと発展し、病院や宿泊所などもあり、当時の生活レベルの高さを知ることができます。聖地アヌラーダプラの中心には、都市計画と同様に当時の繁栄を思わせる世界最古と言われる樹齢2000年以上のスリマハ菩提樹や、高さ100mにもおよぶ世界最大の仏塔ルヴァンベリセヤ大塔、スリランカ最古と言われる仏塔ツパラマ・ダガバ、黄銅宮殿、イスルムニヤ寺跡などが残されています。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。