sponsoredlinks

シンハラジャ森林保護区/スリランカ民主社会主義共和国の世界遺産

スリランカ民主社会主義共和国の世界遺産の中からシンハラジャ森林保護区についての紹介ですスリランカ民主社会主義共和国旅行のときにはシンハラジャ森林保護区へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

シンハラジャ森林保護区
Sinharaja Forest Reserve
所在国:スリランカ民主社会主義共和国
世界遺産登録:1988年
世界遺産の種類:自然遺産

シンハラジャ森林保護区はスリランカの南部に広がる約1万ヘクタールの熱帯雨林です。シンハラジャ森林保護区のシンハラジャとは、「ライオンの王」を意味します。しかし、現在ではゴムや紅茶のプランテーションに切り拓かれ、かつての10分の1の面積になってしまいました。現在ではユネスコのMAB計画に指定されています。シンハラジャ森林保護区はスリランカに残る最後の低地熱帯原生林で、動植物の宝庫です。スリランカ固有の植物830種のうち、この保護区だけで約500種が見られます。鳥類の固有種が多いのも特徴で、その数は20種ほどです。鳥類の固有種も40種に及んでいます。シンハラジャ森林保護区に行くには、日本から直行便が週に3便あります。スリランカ国内は鉄道も通っているますが本数も少ないので、タクシーで移動するのが早くてお手頃です。シンハラジャまではコロンボ、またはより近くの町・ゴールから出発するのが一般的で、成田→コロンボが約11時間(直行便)、コロンボ国際空港→市内が約1時間(タクシー)市内→ゴールが約 2時間(車)です。周辺観光地としては「ゴール旧市街とその要塞化都市」があります。ここはスリランカにある7つの世界遺産の中でもシンハラジャ森林保護区に一番近い遺産です。町のシンボルでもある灯台に登れば、植民地時代の面影を残したその町並みがよく分かります。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。