sponsoredlinks

ダンブッラの黄金寺院/スリランカ民主社会主義共和国の世界遺産

スリランカ民主社会主義共和国の世界遺産の中からダンブッラの黄金寺院についての紹介ですスリランカ民主社会主義共和国旅行のときにはダンブッラの黄金寺院へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

ダンブッラの黄金寺院
Golden Temple of Dambulla
所在国:スリランカ民主社会主義共和国
世界遺産登録:1991年
世界遺産の種類:文化遺産

ダンブッラ(Dambulla)の黄金寺院は、スリランカのほぼ中央部に位置する文化遺産です。ダンブッラ黄金寺院は、5つの石窟からなる石窟寺院で、平原の中の高さ約180mの高台にあります。石窟寺院は、紀元前1世紀から始まり、現在まで続いています。王朝が変わるたびに受け継がれ、増改築を重ね5つの石窟となりました。ダンブッラの黄金寺院はスリランカ最大で最も保存状態の良いの石窟寺院です。石窟内部には157の仏像、極彩色で描かれた天井画や壁画、金箔で覆われた仏像や壁画、14メートルもある大きな涅槃仏、などが保存されています。なかでも、第一窟のデーラ・ワージャ・ヴィハーラには、大きな涅槃仏が安置されています。また、第二窟のマハー・ラージャ・ヴィハーラは、5つの石窟寺院のなかでも一番大きく、仏像や壁画、彩色の天井画が残されていますが、天井の岩を伝ってくる聖水があることでも良く知られています。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。