sponsoredlinks

聖地キャンディ/スリランカ民主社会主義共和国の世界遺産

スリランカ民主社会主義共和国の世界遺産の中から聖地キャンディについての紹介ですスリランカ民主社会主義共和国旅行のときには聖地キャンディへ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

聖地キャンディ 文化遺産
Sacred City of Kandy
所在国:スリランカ民主社会主義共和国
世界遺産登録: 1988年
世界遺産の種類:文化遺産

聖地キャンディ (Sacred City of Kandy)は、現在のスリランカ民主社会主義共和国にあります。シンハラ朝最後の都キャンディ。古都の優しい雰囲気とは別にこの町を特別にしているのは、仏陀の歯が安置されている仏歯寺の存在だ。その歯は紀元前543年、仏陀が火葬されたときに持ち帰られたものだと云われている。その後、スリランカの王位継承者たちは王を象徴する宝とするようになりました。初めにアヌラーダプラに奉納され、遷都の度に移されるのですが、キャンディに仏歯が運ばれたのは1590年といわれています。キャンディ王ウィマラ・ダルマ・スリヤ1世(King Dharma Suriya T)が寺院を建立し、現在寺院に残っている部分は3世代後のナーランドラ・シンハ王(King Narendra Shinha)が増築したものです。正面右手に建つ八角堂は王朝最後の王スリ・ヴィラクマ・ラジャシンハによって建てられたもので現在は図書館となっています。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/56365008
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。