sponsoredlinks

古代都市ポロンナルワ/スリランカ民主社会主義共和国の世界遺産

スリランカ民主社会主義共和国の世界遺産の中から古代都市ポロンナルワについての紹介ですスリランカ民主社会主義共和国旅行のときには古代都市ポロンナルワへ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

ポロンナルワ
Ancient City of Polonnaruwa
所在国:スリランカ民主社会主義共和国
世界遺産登録年:1982年
世界遺産の種類:文化遺産

ユネスコ世界遺産に1982年文化遺産として登録されている古代都市ポロンナルワは、スリランカで清潔で美しい町として知られる北中部州第二の都市であるポロンナルワの旧市街あります。ポロンナルワは、城塞として建設されたのですが、スリランカの最初の王都アヌラダーブラが11世紀にインドのチョーラ朝の侵略を受け、ここポロンナルワに都を移したのです。その後13世紀に再びインドからの侵略を受け王朝がさらに南にその拠点をうつすまで、ポロンナルワ各地に寺院やダーガバが築かれました。現在のポロンナルワは、壮麗な王宮や寺院のほか貯水池や灌漑設備、防衛のための城壁の跡など自然に囲まれたパラークラマ・サムドゥラ(パラークラマ海)等で観光客から注目を集めています。ポロンナルワの遺跡地区は、宮殿や寺院などといった様々な遺跡によって構成されています。かつて7階建ての巨大な宮殿は、現在は3階分までしか残っていませんが、今に残るそのレンガの構造体から当時の宮殿の高さを感じ取ることができます。遺跡の中央部には巨大なダーガバ(仏塔)を持つランコトゥ・ヴィハーラがあります。このダーガバは、アヌラーダプラのルワンウェリ・サーヤ大塔を模して作られました。また、ガル・ヴィハーラ寺院にはポロンナルワ独特の様式で作られたブッダの坐像、立像、涅槃仏の3体の石像があります。中央の石像は、流線型の体を横たえ、涅槃に入ろうとする釈迦の姿をあらわしています。全長は14m。衣は、二重の線をくりかえすという、ポロンナルワ独特の模様であらわされている。涅槃像の左は、仏陀の一番弟子アーナンダの立像で、高さは7m。仏陀が涅槃に入ることをなげきかなしんでいる姿をあらわしたものとされています。その左は瞑想する仏陀の座像で、高さ4.6m。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/56365010
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。