sponsoredlinks

古代都市シギリヤ/スリランカ民主社会主義共和国の世界遺産

スリランカ民主社会主義共和国の世界遺産の中から古代都市シギリヤについての紹介ですスリランカ民主社会主義共和国旅行のときには古代都市シギリヤへ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

古代都市シギリヤ
Ancient City of Sigiriya
所在国:スリランカ民主社会主義共和国
世界遺産登録:1982年  
世界遺産の種類:文化遺産

古代都市シギリヤはスリランカのコロンボから163qに位置している、紀元前5世紀にスリランカの仏教王国の王、カッサパ王が建てた高さ180mの岩の上の城〔要塞〕です。普段は岩の下の宮殿で暮らしていて、敵が来ると岩の上に逃げる、といった生活だったようですが、当時はインドのヒンドゥー教の勢力の圧力があり、このような要塞を建築したようです。ライオンロックと呼ばれる岩山の中腹にあるシギリヤ・ロックの壁面に有名なシギリヤ・レディと呼ばれる壁画があります。かつては500人にも及ぶ女性が描かれていたと言われていますが風化のために現存をしているのは18体が残っているようです。この要塞の頂上からの展望はとても雄大で眼下には果てしないジャングルが広がる展望です。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/56365011
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。