sponsoredlinks

ドン・パヤーイェン‐カオ・ヤイ森林群/タイの世界遺産

タイの世界遺産の中からドン・パヤーイェン‐カオ・ヤイ森林群についての紹介ですタイ旅行のときにはドン・パヤーイェン‐カオ・ヤイ森林群へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

ドン・パヤーイェン‐カオ・ヤイ森林群
Dong Phayayen - Khao Yai Forest Complex
所在国:タイ
世界遺産登録:2005年
世界遺産の種類:自然遺産

ドンパヤーイェン-カオヤイ森林地帯はタイバンコク北東部に広がる森林地帯です。その森林の濃さのために開発が遅れた地域でした。チャクリー王朝初期には開発を促すために一部の地区を免税地区に設定し入植者を促したこともあるりますが、山岳部は鬱蒼とする森林と、その高低差のために稲作に適さなかったことから、開発が大幅に遅れました。ドンパヤーイェン-カオヤイ森林地帯は、サラブリー県東部からナコーンナーヨック県、プラーチーンブリー県、サケーオ県北部、およびナコーンラーチャシーマー県、ブリーラム県南部をまたいでカンボジア国境まで広がる広大な森林地帯で、カンチャナブリー県、ターク県などに広がる西部森林地帯に対して東部森林地帯と呼ばれることもあります。この未開発地域の自然資源の保護が行われたのは1959年には時の総理大臣サリット政権の時で、このときは制令に基づく保護地区に指定されました。2年後の1961年には仏歴2005年国立公園法が制定され、1962年9月18日にはこの森林の一部がカオヤイ国立公園として正式に保護され、その周辺の地域も国立公園や野生生物保護区などとして次々と保護地区に指定され、その後、中心的存在であるカオヤイ国立公園のアセアン遺産登録などを経て、2005年にはユネスコの世界遺産に登録されました。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。