sponsoredlinks

古代都市スコタイと周辺の古代都市群/タイ王国の世界遺産

タイ王国の世界遺産の中から古代都市スコタイと周辺の古代都市群についての紹介ですタイ王国旅行のときには古代都市スコタイと周辺の古代都市群へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

古代都市スコタイと周辺の古代都市群
Historic Town of Sukhothai and Associated Historic Towns
所在国:タイ王国
世界遺産登録:1991年
世界遺産の種類:文化遺産

古代都市スコタイと周辺の古代都市群は、タイ王国の首都バンコクから約447km北上したところ、ピッサヌロークからだと西へ約60km行ったところにあるタイ族最古のスコタイ(スコータイ)王朝の都市遺跡です。スコタイ(スコータイ)とは、『幸福の夜明け』を意味しており、東西1.8km、南北1.6kmの城壁と三重の塀に囲まれた古都スコタイ(スコータイ)のエリア内には、多くの仏像と寺院が建ち並んでいます。古代都市スコタイ(スコータイ)と周辺の古代都市群は、寝そべった仏像のあるカムペーンペット歴史公園、大きな仏像の横にある小窓から仏像が持つ別の表情をみることができるスコタイ(スコータイ)仏があるワット・シーチュムやワット・サシーがあるスコタイ(スコータイ)歴史公園、シーサッチャナーライ歴史公園という3つのタイ政府指定の歴史公園が含まれています。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/56365013
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。