sponsoredlinks

バン・チアンの古代遺跡/タイ王国の世界遺産

タイ王国の世界遺産の中からバン・チアンの古代遺跡についての紹介ですタイ王国旅行のときにはバン・チアンの古代遺跡へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

バン・チアンの古代遺跡
Ban Chiang Archaeological Site
所在国:タイ王国
世界遺産登録:1992年
世界遺産の種類:文化遺産

バン・チアンはバーンチエンとも呼ばれ、アジアの古代文明に新たな光を投げかけたものとして注目されています。バン・チアンの古代遺跡から出土した様々な物品を日本の奈良大学で発掘物の炭素検査を行った結果、バン・チアンの古代遺跡は紀元前3000〜2000年前のものと推測されています。出土品の一部は東京国立博物館東洋館において見学できます。ただ、バン・チアンの古代遺跡の存在が明らかになったのが近年であり、古代の住民についてはまだ特定されていません。この遺跡は付近の住民からは古くから知られていましたが、1960年に地元のプラチャーチエンチュート学校の教師たちが、出土される土器は実は考古学的な遺産なのではないかと考えるようになり、学校内に保存を目的とした博物館を設置、保存にあたり同年タイ文部省の発掘が始まりました。さらに後年、国王・プーミポンの肝いりでバン・チアンに国立博物館が設立されるまでになりました。バーンチエン遺跡では独特の渦をもった幾何学模様をもつ土器を中心に動物の骨なども見つかっており、黄河文明・メソポタミア文明とは違った、東南アジア独自の文明として注目を集めています。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。