sponsoredlinks

トゥンヤイ-ファイ・カ・ケン野生生物保護区群/タイ王国の世界遺産

タイ王国の世界遺産の中からトゥンヤイ-ファイ・カ・ケン野生生物保護区群についての紹介ですタイ王国旅行のときにはトゥンヤイ-ファイ・カ・ケン野生生物保護区群へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

トゥンヤイ-ファイ・カ・ケン野生生物保護区群
Thungyai-Huai Kha Khacng Wildlife Sanctuaries
所在国:タイ王国
世界遺産登録:1991年
世界遺産の種類:自然遺産

トゥンヤイ-ファイ・カ・ケン野生生物保護区群はタイの首都バンコクの西部130q、ミャンマーとの国境に近いカンチャナブリの郊外にある広大な、東洋アジア最大級の広さを誇る野生生物保護区になっています。多くの湖や沼をもつ大草原〔トゥンヤイ〕は大きな草原と現地の言葉では言うが熱帯サバンナ気候で竹林が目立つ原始的な密林も多く残っている。ここに生息するゾウ、トラ、ヒョウをはじめイノシシ、サル、シカなど東南アジアの哺乳類の1/3以上が生息しているが密猟者の横行により絶滅の危機に瀕している動物も多い。これらから、1992年に人の立ち入りが禁止されているが密猟者があとを絶たず、森林警備隊のレンジャーが動物の保護活動にあたっている。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。