sponsoredlinks

国立歴史文化公園”古代メルフ”/トルクメニスタンの世界遺産

トルクメニスタンの世界遺産の中から国立歴史文化公園”古代メルフ”についての紹介ですトルクメニスタン旅行のときには国立歴史文化公園”古代メルフ”へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

国立歴史文化公園”古代メルフ”
State Historical and Cultural Park Ancient Merv
所在国:トルクメニスタン
世界遺産登録:1999年
世界遺産の種類:文化遺産

国立歴史文化公園”古代メルフ”は、カラクム砂漠が国土の8割を占めるトルクメニスタンにある中央アジア最大の遺跡です。古代都市メルフ(メルブ)は、シルクロードが通る中央アジアの中でも、最も古い歴史を持つオアシス都市で、紀元前6世紀からモンゴル軍に攻め落とされた紀元後13世紀までの約2000年もの間の遺跡群が残されています。中央アジアから地中海まで勢力を広げたとされるセルジューク朝というトルコ人による王朝の東の都として栄え、紀元後11世紀から12世紀ころは、当時の建築様式や文化は、周辺の中央アジアの国々やイランにも大きな影響を与えたといわれるほど、繁栄していました。1221年には、チンギス・ハンが率いるモンゴル帝国の侵略により、町は焼かれ陥落してしまいました。国立歴史文化公園”古代メルフ”の中には、メルフ(メルブ)最古のエルク・カラ都城跡(紀元前6世紀)やモンゴル時代の支配者であったスルタン・サンジャルの霊廟や住居跡、大キズガラと小キズガラの城壁などがあります。国立歴史文化公園”古代メルフ”は、「古都メルブ」州立歴史文化公園や、メルブ遺跡とも和訳されることがあり、トルクメニスタンでは、マルイとかマリイと呼ばれています。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。