sponsoredlinks

クニヤ‐ウルゲンチ/トルクメニスタンの世界遺産

トルクメニスタンの世界遺産の中からクニヤ‐ウルゲンチについての紹介ですトルクメニスタン旅行のときにはクニヤ‐ウルゲンチへ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

クニヤ‐ウルゲンチ
Kunya-Urgench
所在国:トルクメニスタン
世界遺産登録:2005年
世界遺産の種類:文化遺産

クニヤ‐ウルゲンチとは、日本語で表すと「旧ウルゲンチ」という意味ですが、現地ではクフナ・ウルゲンチと呼ばれ、ホラズム・シャー朝期からティムール朝期の遺跡が残されている世界遺産です。クニヤあるいはクフナというのは、「旧」「古い」といった意味で、ウルグンチは、中央アジア、ホラズム地方の歴史的都市のことです。ウルゲンチには、もともとはペルシア系の住民が多く住んでいましたが、カザフ草原に住むテュルク系遊牧民たちの交易拠点となり、「草原の港」として経済的に発展していきました。その後、さらなる繁栄と衰退を経験し、砂漠の中の廃墟と化したウルゲンチ、現在トルクメニスタン領に組み込まれています。クニヤ‐ウルゲンチの中の主な遺跡は次のとおり。【テキシュ廟】12世紀のホラズム・シャー、テキシュの墓廟。ホラズム・シャー朝期の代表的な遺跡で、青いタイルで飾られた三角錐の帽子型の屋根が特徴的です。 【クトルグ・ティムールのミナレット】 14世紀にジョチ・ウルスのホラズム総督クトルグ・ティムールによって建設されたミナレット。テキシュ廟の北西そばに位置し、中央アジア最長の67mの高さを誇っています。 【テュラベク・ハヌム廟 】クトルグ・ティムールの夫人テュラベク・ハヌムの墓廟。旧ウルゲンチで最大の建造物。 このほか、キャラバンサライやスーフィズムの聖者の墓廟が数多くあり、トルクメニスタンの主要な観光地となっています。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。