sponsoredlinks

仏陀の生誕地ルンビニ/ネパールの世界遺産

ネパールの世界遺産の中から仏陀の生誕地ルンビニについての紹介ですネパール旅行のときには仏陀の生誕地ルンビニへ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

仏陀の生誕地ルンビニ
Lumbini, the Birthplace of the Lord Buddha
所在国:ネパール
世界遺産登録:1997年
世界遺産の種類:文化遺産

ルンビニは、ネパールの西部タライ盆地にある小さな村です。釈迦(如来)の生まれた地として有名です。ヒマラヤ山脈南麓にあるルンビニは、仏教の八大聖地の1つでもあります。紀元前6世紀、この地で釈迦族の王妃が満開の無憂樹に手をかけると、右腋から赤子が生まれ落ち、地面に忽然と現れた蓮の花に降り立ちました。舞い降りた天人が赤子に香水を注ぎ誕生を祝うと、赤子は7歩歩き、「天上天下唯我独尊」と唱えたといいます。6世紀頃、その地にマーヤーデビ寺院が建立され、巡礼地として栄えましたが、14世紀の記録を最後に忘れ去られてしまいます。1896年、ドイツ人考古学者によって廃墟の中からアショーカ王が残した石柱が発見された後、ルンビニー聖園として整備され、巡礼地として蘇りました。マーヤー・デーヴィ寺院を中心に、アショーカ王が巡礼したときに建立された石柱、釈迦が産湯をつかったという池などが残っています。
1997年にユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されています。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。