sponsoredlinks

サガルマータ国立公園/ネパールの世界遺産

ネパールの世界遺産の中からサガルマータ国立公園についての紹介ですネパール旅行のときにはサガルマータ国立公園へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

サガルマータ国立公園
Sagarmatha National Park
所在国:ネパール
世界遺産登録:1979年
世界遺産の種類:自然遺産

サガルマータ国立公園は、ネパール北東部に位置しています。世界最高峰のエベレストをはじめとした、ローツェ、マカルー、チョ・オユーなどの7千から8千メートルクラスの「世界の屋根」と称される山岳地帯を擁する自然遺産です。その面積は1244平方キロメートルにもおよびます。サガルマータとは、エベレストのことを指し、サンスクリット語で「世界の頂上」を意味します。なお、チベット語ではチョモランマ(大地の母の意味)と呼びます。切り立った山々と氷河や渓谷がおりなす景色は圧巻です。また公園内には、貴重な動植物もたくさん生息しています。代表的なところでは、ユキヒョウ、レッサーパンダ、ヒマラヤグマ、ヒマラヤタール、ヒマラヤジャコウジカ、イワヒバリ、テンジクウスバショウチョウなどが挙げられます。登頂を目的とした登山家以外にも、国立公園のトレッキングを楽しむ人が増えてきています。トレッキングが目的の場合は、カトマンズからルクラまで飛行機で行くのが一般的です。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。