sponsoredlinks

ロイヤル・チトワン国立公園/ネパール王国の世界遺産

ネパール王国の世界遺産の中からロイヤル・チトワン国立公園についての紹介ですネパール王国旅行のときにはロイヤル・チトワン国立公園へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

ロイヤル・チトワン国立公園
Royal Chitwan National Park
所在国:ネパール王国
世界遺産登録:1984年  
世界遺産の種類:自然遺産

ロイヤル・チトワン国立公園はネパールの首都カトマンズから南西120q、インドとの国境に近いタライと呼ばれる標高70〜200mの平原の湿地帯に位置し広大なジャングルと草原が広がっている。この地域の豊富な生態系、ゾウ、インドサイ、ベンガルタイガー、ナマケモノ、ヒョウや野牛などを密猟者からの保護や違法な移住、密林の伐採などからこの大自然を守るために1984年に世界遺産の登録された。またこの地域の小鳥は約500種類もの生息が確認されており世界一の称号を得ている地域でもありカラフルな鳥類の楽園としても知られています。ロイヤル・チトワン国立公園は一般観光客にも解放されておりゾウの背中に乗って密林内を一周することも出来るようになっています。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。