sponsoredlinks

カルアト・アル-バフレーン−古代の港とディルムンの首都/バーレーンの世界遺産

バーレーンの世界遺産の中からカルアト・アル-バフレーン −古代の港とディルムンの首都についての紹介ですバーレーン旅行のときにはカルアト・アル-バフレーン −古代の港とディルムンの首都へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

カルアト・アル-バフレーン −古代の港とディルムンの首都
Qal'at al-Bahrain ― Ancient Harbour and Capital of Dilmun
所在国:バーレーン
世界遺産登録:2005年
世界遺産の種類:文化遺産

「カルアト・アル-バフレーン−古代の港とディルムンの首都」は、中東の国であるバーレーンにある世界遺産です。マナーマ郊外のカルババードに位置するカルアト・アル-バフレーン自体は14世紀にこの地を支配していたアラブ人が築いた要塞の跡に、その後、支配したポルトガル人が1522年、新たに建設した要塞の遺跡です。そのため、別名バーレーン要塞(バーレーンフォート)とも、ポルトガル要塞とも呼ばれます。それだけならただの遺跡にすぎないのですが、この遺跡を発掘している際に、なんと紀元前三千年もの昔に栄えたディルムン文明があったことが判明したのです。バーレーンは古代、ディルムンという名前であり、メソポタミア文明とインダス文明の二大文明をつなぐ重要な中継地として、豊富な湧き水によるオアシスとして、繁栄を遂げました。かのギルガメッシュ叙事詩にも、「聖なる島」「不老不死の地」として記録されています。つまりカルアト・アル-バフレーンには、4000年もの長きにわたって、幾層もの遺跡が形成されているのです。まだ発掘は四分の一程度しか進んでいない状況ですが、しっかりと整備された道路、住居、公共施設、そして数千もの古墳が確認されています。発掘が進むにつれまだまだ新しい研究結果が出てくることが期待されています
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/56365023
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。