sponsoredlinks

モヘンジョダロの遺跡群/パキスタン・イスラム共和国の世界遺産

パキスタン・イスラム共和国の世界遺産の中からモヘンジョダロの遺跡群についての紹介ですパキスタン・イスラム共和国旅行のときにはモヘンジョダロの遺跡群へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

モヘンジョダロの遺跡群
Archaeological Ruins at Moenjodaro
所在国:パキスタン・イスラム共和国
世界遺産登録:1980年
世界遺産の種類:文化遺産

モヘンジョダロの遺跡群は、世界四大文明のひとつと言われるインダス文明を代表する最古、そして最大の都市遺跡です。モヘンジョダロは、紀元前2500年から紀元前1800年の間、最大4万人が暮らしていたと言われるほど、とても栄えていたと言われていますが、大規模な洪水で衰退したと考えられています。モヘンジョダロの遺跡群には、穀物倉庫、沐浴用大浴場、焼レンガで造られた住宅、会議用広場、学問所、祭祀場などの遺跡が残されていますが、それらをつなぐ直線道路からもわかるように、緻密な都市計画のもと、造られた都市で、モヘンジョダロの東側には市街地、西側には城塞が配置されています。モヘンジョダロの遺跡群は、パキスタン・イスラム共和国のインダス川西、シンド州ラールカナから南に36km行ったところにあり、1922年にR・G・バナルジーによる発掘調査で発見されました。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/56365024
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。