sponsoredlinks

タッターの文化財/パキスタンの世界遺産

パキスタンの世界遺産の中からタッターの文化財についての紹介ですパキスタン旅行のときにはタッターの文化財へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

タッターの文化財
Historical Monuments of Thatta
所在国:パキスタン
世界遺産登録:1981年
世界遺産の種類:文化遺産

タッターはパキスタン・シンド州にある人口22,000人の歴史的な都市です。この都市の歴史は14世紀に始まります。その後、インドのムガール帝国の支配下に入りました。18世紀に入ると、そのころ急激に勢力を伸ばしてきたアフシャール朝の初代のシャーであるナーディル・シャーにより侵攻を受け、陥落し、次に遺棄されるに至りました。当時、ナーディル・シャーはアナトリア東部からイラン、中央アジア、インドにおよぶ広大な領域を支配下に入れ、その武勇は「ペルシアのナポレオン」、「第二のアレクサンドロス」と言う歴史家もいます。タッターの文化財は1647年から1649年にかけて、シャー・ジャハーンの手によって建設されました。建物は釉薬がかけられたタイルが特徴です。また、1461年から1509年にかけてタッターを統治したジャーム・ニザームディーンやムガール帝国の役人の墓もタッターにはあります。また、数千の墓を持つ広大な共同墓地がマクリーの丘の近くに見つかっています。タッターの中心地には、シャー・ジャハーンが建設したモスクがあります。このモスクは101もののドームによって構成され、拡声器などの道具なしでもこのモスクの随所でイマームの声が届くように設計されています。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/56365025
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。