sponsoredlinks

ラホールの城塞とシャーリマール庭園/パキスタンの世界遺産

パキスタンの世界遺産の中からラホールの城塞とシャーリマール庭園についての紹介ですパキスタン旅行のときにはラホールの城塞とシャーリマール庭園へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

ラホールの城塞とシャーリマール庭園
Fort and Shalamar Gardens in Lahore
所在国:パキスタン
世界遺産登録: 1981年危機遺産(2000)
世界遺産の種類:文化遺産 危機遺産

ラホールの城塞とシャーリマール庭園(Fort and Shalamar Gardens in Lahore)は、タージ・マハルを建築したシャー・ジャハーンが建てた保養施設シャーリマール庭園と17 世紀に建てられた赤い砂岩造りのバドシャイモスクとそのミナレットはシーシュ・マハル、アーラムギーリー門、ノウラーカー・パビリオン、モーティー・マスジドといった有名な遺跡が存在し、パキスタン、パンジャブの州都ラホールの旧市街にそびえる世界遺産です。11 世紀から 17 世紀にかけて、ラホールはインドのムガル帝国の中心として栄え、その後はシク王国の中心となりました。シャーリマール庭園は1999年に道路拡張により庭園の貯水池の一部が取り壊された。その事で危機遺産の登録を2000年に急所行い、現在は、保護体制は急速に整備されつつあります、そのおかげで、危機遺産リストからの削除の日も近いといわれています。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。