sponsoredlinks

ロータス城塞/パキスタンの世界遺産

パキスタンの世界遺産の中からロータス城塞についての紹介ですパキスタン旅行のときにはロータス城塞へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

ロータス城塞
Rohtas Fort
所在国:パキスタン
世界遺産登録: 1997年
世界遺産の種類:文化遺産

ロータス城塞 (Rohtas Fort)は、ラーワルピンディーの南東約80qにあり、ムガル帝国第2代皇帝のフマユーンから一時的に王位を奪ったスール朝のシェール・シャー・スゥリー(Sher Shah Suri)が、中央アジアからの遊牧民の侵入を阻止するために1540年に造られたという堅牢な城塞。ロータス城塞 は周囲は5kmもあります。ロータス城塞の入り口にはソヘール門(SOHAIL GATE)という美しい構えのゲートがあります。聖者ソヘール・ブカーリィーの名前に由来するもっとも美しい門の1つです。ロータス城塞の内側にはロータス村が存在します。その村の住人は遊牧民で中央アジアからの遊牧部族の侵入を阻止するために作られたはずのロータス城塞を住まいとしています。パキスタン政府は立ち退きを勧告していますが、ロータス村の住民は勧告を無視しているそうです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/56365028
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。