sponsoredlinks

タフティ-バヒーの仏教遺跡群とサライ-バロールの近隣都市遺跡群/パキスタンイスラム共和国の世界遺産

パキスタンイスラム共和国の世界遺産の中からタフティ-バヒーの仏教遺跡群とサライ-バロールの近隣都市遺跡群についての紹介ですパキスタンイスラム共和国旅行のときにはタフティ-バヒーの仏教遺跡群とサライ-バロールの近隣都市遺跡群へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

タフティ-バヒーの仏教遺跡群とサライ-バロールの近隣都市遺跡群
Buddhist Ruins at Takht-i-Bahi and Neighbonibg City Remains at Sahr-i-Bahlol
所在国:パキスタンイスラム共和国
世界遺産登録:1980年
世界遺産の種類:文化遺産

タフティ-バヒーの仏教遺跡群とサライ-バロールの近隣都市遺跡群はパキスタンのペシャワール市の北東約50qにあるタフティ-バヒ〔春の王座〕に残る山岳仏教の仏教遺跡群です。これらの遺跡群は山の中腹にあり、搭院、僧院、会堂、などの遺跡群として残されており、特に搭院跡には仏搭の方形基壇と祀堂郡の山岳仏教の特徴のある遺跡が残されております。ガンダーラにおける山岳仏教寺院の代表格とも言われています。丘陵に点在する建物群は1-7世紀にかけて建造されものですが、ガンダーラは北西辺境州の州都・ペシャワール一帯の古い地名。クシャン王朝時代にもっとも栄えたといわれます。近くにあるサライ-バロールにも都市跡にタフティ-バヒーの仏教遺跡群と同様な仏教遺跡群が数多く残されています。方形基壇なども他には無いほど数多くのこされています。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/56365029
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。