sponsoredlinks

ワディ・エル‐ヒータン(クジラの谷)/エジプト・アラブ共和国の世界遺産

エジプト・アラブ共和国の世界遺産の中からワディ・エル‐ヒータン(クジラの谷)についての紹介ですエジプト・アラブ共和国旅行のときにはワディ・エル‐ヒータン(クジラの谷)へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

ワディ・エル‐ヒータン(クジラの谷)
Wadi Al-Hitan (Whale Valley)
所在国:エジプト・アラブ共和国
世界遺産登録:2005年
世界遺産の種類:自然遺産

ワディ・エル‐ヒータン(クジラの谷)は、エジプト北部でナイル川にほど近い、西部砂漠地帯の位置にある自然遺産です。別名で「クジラ渓谷」とも呼ばれています。ワディ・エル‐ヒータンは、その別名の通りに、進化途上のクジラの化石が多数発掘されていることでよく知られています。それは約4000万年前のこの地に、テチス海とよばれる海が広がっていたためであり、堆積した砂岩・石灰岩・頁岩の地層から、原始的なクジラの化石、海牛類の化石、サメの歯、カメの化石など、海に住む生物の化石が多く発見されています。また地層の調査から、海が隆起した後はマングローブの森が広がる海岸地帯だったと考えられています。ワディ・エル‐ヒータンから発見されたクジラの化石は、始新世のクジラのバシロサウルス、最も大きい原始クジラのバシロザウルス、小型クジラ種のドルドン、などがあります。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/56365115
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。