sponsoredlinks

古代都市テーベとその墓地遺跡/エジプト・アラブ共和国の世界遺産

エジプト・アラブ共和国の世界遺産の中から古代都市テーベとその墓地遺跡についての紹介ですエジプト・アラブ共和国旅行のときには古代都市テーベとその墓地遺跡へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

古代都市テーベとその墓地遺跡
Ancient Thebes with its Necropolis
所在国:エジプト・アラブ共和国
世界遺産登録年:1979年
世界遺産の種類:文化遺産

古代都市テーベとその墓地遺跡はエジプトはナイル川東岸の地中海から南に約800kmに位置する古代エジプトの首都として栄えたテーベにある墓地遺跡
で、1979年にユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されました。テーベの現在の名前はルクソールと言い、ツタンカーメンが発掘された王家の谷がある
ことで有名です。古代エジプトの王都はメンフィスに置かれることが多かったのですが、中王国の第11王朝から新王国の第18王朝まではテーベがエジプト
の王都でアメン信仰の総本山であるカルナック神殿を中心として重要な宗教都市としての地位を保ち続けてきました。テーベはナイル川によって東西に分けら
れており、日が昇る方向のナイル川の東岸にはカルナック神殿やルクソール神殿など生を象徴する建物が、日が沈む方向のナイル川西岸には死を象徴する王家
の谷や王妃の谷、メディネト・ハブ(ラムセス3世葬祭殿)、ラムセウム(ラムセス2世葬祭殿)、デイル・エル・メディーナ、貴族の墓(Tombs of
Nobles)、
ハトシェプスト女王葬祭殿、メムノンの巨像などがあります。古代都市テーベとその墓地遺跡は考古学的価値の高い古代エジプト文明の貴重な遺産です。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。