sponsoredlinks

アブ・シンベルからフィラエまでのヌビア遺跡群/エジプト・アラブ共和国の世界遺産

エジプト・アラブ共和国の世界遺産の中からアブ・シンベルからフィラエまでのヌビア遺跡群についての紹介ですエジプト・アラブ共和国旅行のときにはアブ・シンベルからフィラエまでのヌビア遺跡群へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

アブ・シンベルからフィラエまでのヌビア遺跡群
Nubian Monuments from Abu Simbel to Philae
所在国:エジプト・アラブ共和国
世界遺産登録年:1979年
世界遺産の種類:文化遺産

アブ・シンベルからフィラエまでのヌビア遺跡群とはエジプト・アラブ共和国の南部のナイル川流域にある古代エジプト文明の遺跡で、1979年ユネスコの
世界遺産(文化遺産)に登録されました。1960年代のアスワン・ハイ・ダム建設計画によって水没する危機に瀕した遺跡群のうち移築作業によって保全さ
れた一群の遺跡をアブ・シンベルからフィラエまでのヌビア遺跡群と呼んでいます。この遺跡救済キャンペーンは、開発から歴史的な価値のある遺跡、建築
物、自然などを国を超えた支援を行う組織運営によって守ろうという運動に広がり、世界の文化遺産および自然遺産の保護に関する条約(世界遺産条約)とし
て1972年にユネスコのパリ本部で成立することになりました。すなわち世界遺産条約が成立するるきっかけとなったのがこのアブ・シンベルからフィラエ
までのヌビア遺跡群です。アブ・シンベルからフィラエまでのヌビア遺跡群で最も有名なものとしてアブ・シンベル神殿(ラムセス2世によって建造された神
殿で高さ33m、幅33mで砂岩でできた岩山を掘り進めて造られた岩窟神殿)、フィラエ神殿(中心となるのがエジプトの女神イシスを祀るイシス神殿)、
カラブシャ神殿などがあります。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/56365117
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。