sponsoredlinks

メンフィスとその墓地遺跡-ギーザからダハシュールまでのピラミッド地帯/エジプト・アラブ共和国の世界遺産

エジプト・アラブ共和国の世界遺産の中からメンフィスとその墓地遺跡-ギーザからダハシュールまでのピラミッド地帯 エジプト・アラブ共和国についての紹介ですエジプト・アラブ共和国旅行のときにはメンフィスとその墓地遺跡-ギーザからダハシュールまでのピラミッド地帯 エジプト・アラブ共和国へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

メンフィスとその墓地遺跡-ギーザからダハシュールまでのピラミッド地帯
Memphis and its Necropolis the Pyramid Fields from Giza to Dahshur
所在国:エジプト・アラブ共和国
世界遺産登録:1979年
世界遺産の種類:文化遺産

「メンフィスとその墓地遺跡 - ギザからダハシュールまでのピラミッド地帯」は、世界最長の大河であるナイル川の下流1500KMにおよぶ広大な流域にあるピラミッド群のことです。
エジプトのピラミッドとしてよく知られている特徴的なピラミッドの数々のことです。
今から約5000年前に始まる古代エジプト文明の遺跡であり、首都カイロ郊外にあります。
ギザの三大ピラミッドの中で、クフ王の王墓であるギザの大ピラミッドは、ピラミッド建築の頂点とされ最大規模を誇っています。
ギザの大ピラミッドは、世界の七不思議で唯一現存する建造物で、世界遺産の中でも最も深い謎に包まれた遺産の一つであります。
一般に、ピラミッドの出現は、王墓独自の創出により、ファラオ(王)を頂点とした中央集権国家が確立したことを示しています。
だから、ピラミッドの建造が盛んであったということは、エジプト中央集権国家としても盛期であったと言えるようです。
ピラミッドの長さと高さの比は黄金比であり、石積技術も最高水準であったといえます。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/56365118
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。