sponsoredlinks

アブ・メナ/エジプトの世界遺産

エジプトの世界遺産の中からアブ・メナについての紹介ですエジプト旅行のときにはアブ・メナへ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

アブ・メナ
Abu Mena
所在国:エジプト
世界遺産登録:1979年
世界遺産の種類:文化遺産

アブ・メナは、アレクサンドリアの南西45kmに位置する、古代エジプトにおけるキリスト教巡礼の中心的存在だった都市の遺跡。
1979年にユネスコの世界遺産に登録された。その遺構はほとんど残っていないが、バシリカのような大建築物の土台は、今でもはっきりと識別できます。
1979年にユネスコの世界遺産に登録後、2001年に危機遺産として登録されました。
アレクサンドリアの南西に位置するこの街は4世紀からこの地域で独自に発達したキリスト教、コプト最大の聖地として栄えました。
古代ローマで殉教した聖者メナス生誕の地でもあり、教会、洗礼堂、修道院、巡礼のための宿泊施設など独自の文化が見られます。
9世紀に侵略者の破壊などで砂漠の廃墟と化したが、20世紀初頭からの発掘で明らかとなります。
この初期キリスト教の聖なる都市の教会、洗礼堂、バシリカ、公共の建物、街路、修道院、家々と工房は、紀元296年に亡くなったアレキサンドリアの聖メナの墓の上に建てられました。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。