sponsoredlinks

アクスム/エチオピアの世界遺産

エチオピアの世界遺産の中からアクスムについての紹介ですエチオピア旅行のときにはアクスムへ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

アクスム
Aksum
所在国:エチオピア
世界遺産登録: 1980 年
世界遺産の種類:文化遺産

アクスムAksumの遺跡の中で特徴的なのは、ステッレと呼ばれるオベリスクです。現在残っているものの内、倒壊していないもので、最高のものは全高24mのエザナ王のステッレです。ステッレが集中する北ステッレ公園には倒壊した33mのステッレもあります。アスクムのステッレは墓標だったようであり、鋳造された金属板を側面に貼り付け、窓などを思わせる建築上の彫刻が施されている。アクスム王国はゲーズ語 (Ge'ez) と呼ばれる独自の文字言語を持っており、古いものは紀元前5000年から前2000年まで遡る巨大なオベリスクに代表される独自の建築様式を発達させていました。オベリスク(obelisk)とは、古代エジプトに多く建造され、神殿などに立てられた記念碑(モニュメント)の一種です。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/56365122
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。