sponsoredlinks

オモ川下流域/エチオピア連邦民主共和国の世界遺産

エチオピア連邦民主共和国の世界遺産の中からオモ川下流域についての紹介ですエチオピア連邦民主共和国旅行のときにはオモ川下流域へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

オモ川下流域
Lower Valley of the Omo
所在国:エチオピア連邦民主共和国
世界遺産登録:1980年
世界遺産の種類:文化遺産

オモ川下流域はエチオピアの南西部、ケニアとの国境近くにある文化遺産で、数百万年単位に及ぶ多くの種類の化石人骨が出土し、人間の進化の調査の貴重な資料となっています。1930年代のフランスの発掘調査隊によると、オモ川下流域の岩石層に含まれる化石には、アウストラロピテクス・エチオピクス、アウストラロピテクス・アファレンシス、ホモ・ハビリス、ホモ・サピエンスなど、今の人類の祖先とされるものや、枝分かれして絶滅した猿人や原人の化石など、様々な化石人骨が発見されており、古人類学の研究にとって非常に重要な遺産となっています。またオモ川下流域から発見された最古の打製石器は、約250万年前のホモ・ハビリスが使用したものともいわれ、先史時代の貴重な資料となっています。また、オモ川下流の公園には、キリン、シマウマ、ガゼル、ライオン、水牛、象、など様々な種類の動物が生息する自然豊かな地域です。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。