sponsoredlinks

ハラール・ジュゴル要塞歴史都市/エチオピア連邦民主共和国の世界遺産

エチオピア連邦民主共和国の世界遺産の中からハラール・ジュゴル要塞歴史都市についての紹介ですエチオピア連邦民主共和国旅行のときにはハラール・ジュゴル要塞歴史都市へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

ハラール・ジュゴル要塞歴史都市
Harar Jugol, the Fortified Historic Town
所在国:エチオピア連邦民主共和国
世界遺産登録:2006年
世界遺産の種類:文化遺産

ハラール・ジュゴル要塞歴史都市は、東アフリカのエチオピア東部に位置する文化遺産で、アディスアベバから約500km離れた、海抜1885mのエチオピア高原の東の丘の上に広がっています。ジュゴルとは、13世紀から16世紀の間に造られたハラールの町を取り囲む城壁のことで、町には82のモスクが存在し、イスラームの「第4の聖地」ともいわれます。ハラール・ジュゴルの住居は、3階建ての中庭付が最も標準的で、1887年以降に住みだした
インド商人のベランダ付き2階建ての住居とが混在しています。ハラールの人々は手先が器用なため、編み物、バスケット作り、製本などで知られています。ハラールの旧市街にはフェレス・マガラ広場を中心に、110のモスクと多くの寺院が立ち並んでいます。寺院では、メドハネ・アレム大聖堂、16世紀のジャミ・モスクなどが有名です。ハラール・ジュゴルは、砂漠やサバンナに囲まれる深い峡谷の文化遺産で、アフリカおよびイスラム教の伝統の影響を受ける要塞歴史都市です。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。