sponsoredlinks

シミエン国立公園/エチオピア連邦民主共和国の世界遺産

エチオピア連邦民主共和国の世界遺産の中からシミエン国立公園についての紹介ですエチオピア連邦民主共和国旅行のときにはシミエン国立公園へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

シミエン国立公園
Simien Natinal Park
所在国:エチオピア連邦民主共和国
世界遺産登録:1978年
世界遺産の種類:自然遺産

シミエン国立公園は、1966年に国立公園に指定された『アフリカの屋根』と呼ばれるエチオピア高地ですが、そのエリアには、多くの貴重な動植物が棲息しているということで、1978年に自然遺産として世界遺産に登録されました。しかし、密猟や耕作地拡張による自然生態系の破壊が著しく、1996年には危機に直面しているとされ、危機遺産として登録されています。シミエン国立公園には、このエリアでしか見られないライオン顔をした霊長類のゲラダヒヒというライオン顔をした動物やワリアア・イベックス(高地ヤギ)、シミエンギツネなどの固有種のほか、絶滅の危機に面しているシメジャッカルなど、さまざまな基調な鳥類、爬虫類、昆虫、植物が棲息しています。シミエン国立公園は、ナイル源流域に属し、エチオピア北西部に位置するタナ湖の北東約110kmにあります。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/56365126
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。