sponsoredlinks

ファジル・ゲビ、ゴンダール地域/エチオピア連邦民主共和国の世界遺産

エチオピア連邦民主共和国の世界遺産の中からファジル・ゲビ、ゴンダール地域についての紹介ですエチオピア連邦民主共和国旅行のときにはファジル・ゲビ、ゴンダール地域へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

ファジル・ゲビ、ゴンダール地域
Fasil Ghebbi,Gondar Region
所在国:エチオピア連邦民主共和国
世界遺産登録:1979年
世界遺産の種類:文化遺産

ゴンダールは、エチオピア帝国の黄金期を築いたファシラダス王〔在位1632〜1682年〕が、17世紀初頭にアクスムから遷都以降200年間、首都として繁栄したエチオピア北部の中都市です。首都アジスアベバから北へ約600kmに位置しています。ファジル・ゲビの要塞市は、、周囲約900mの城壁に囲まれた王宮には宮殿や教会、音楽館、文書館、プールなどの建物が建てられています。そして、ファジル・ゲビの要塞市は、ヒンズー教徒やアラブ人に影響をうけた宮殿、教会、修道院、建物を含んでおり、他国の影響を色濃く受けた建築はイスラム文化やヒンディー文化、バロック様式などを融合したゴンダール様式といわれる独特の建築様式で建築されました。ゴブト教を奉じた歴代の王はラス・ミカエル宮殿などファジル・ゲビと呼ばれる城のような石造りの王宮郡、法廷、図書館、スセニオス修道院、聖書壁画などヨーロッパ風の建築を数多く残しました。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/56365127
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。