sponsoredlinks

アワッシュ川下流域/エチオピア連邦民主共和国の世界遺産

エチオピア連邦民主共和国の世界遺産の中からアワッシュ川下流域についての紹介ですエチオピア連邦民主共和国旅行のときにはアワッシュ川下流域へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

アワッシュ川下流域
Lower Vally of the Awash
所在国:エチオピア連邦民主共和国
世界遺産登録:1980年
世界遺産の種類:文化遺産

「アワッシュ川下流域」は、エチオピアの北東部を流れる川であり、この下流域のハダール村付近の一帯で1974年にアメリカ・フランスのアフリカ合同調査隊によって現在のところ最古の人類と認められる約400万年前の猿人アウストラロピテクス・アファレンシス(アファール猿人)の化石人骨ルーシーが発見されたことにより文化遺産に登録となったものです。この調査での猿人は野生の動植物を食料として社会生活を営み、単純な打製石器を使用するものもいたと推定されています。またこのときの発見は全身の約40%の骨が見つかるという奇跡的な発見状況と、350万年前の人骨という今までに発見された最古の古さから、人類の進化を考察する上で、またとない貴重な証人となったものでありルーシーほどにまとまった量が出土した個体は他に存在しなかったのです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。