sponsoredlinks

ジャー動物保護区/カメルーン共和国の世界遺産

カメルーン共和国の世界遺産の中からジャー動物保護区についての紹介ですカメルーン共和国旅行のときにはジャー動物保護区へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

ジャー動物保護区
Dja Faunal Reserve
所在国:カメルーン共和国
世界遺産登録:1987年
世界遺産の種類:自然遺産

ジャー動物保護区は、ジャ・フォナル自然保護区とも呼ばれ、総面積5300平方kmにも及ぶ広範囲に熱帯雨林が広がる平均標高300mの台地で、全体の9割が、さまざまな貴重な動植物が棲息する人跡未踏のジャングルです。ジャー動物保護区は、カメルーン南部、ザイール川に合流する前のジャー川の上流である赤道直下に位置しています。今でも伝統的な狩猟で生活しているピグミー族という先住民が居住しており、ニシローランドゴリラやチンパンジー、オオハナジログエノン、アフリカスイギュウ、ゾウなどの野生動物やマホガニーなどの原生林やラン、シダなどの植物は、原始のまま残されており、5種類もの絶滅を危惧された動物を含め、107種類の哺乳類が棲息しています。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/56365132
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。