sponsoredlinks

ジェームズ島と関連遺跡群/ガンビア共和国の世界遺産

ガンビア共和国の世界遺産の中からジェームズ島と関連遺跡群についての紹介ですガンビア共和国旅行のときにはジェームズ島と関連遺跡群へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

ジェームズ島と関連遺跡群
James Island and Related Site
所在国:ガンビア共和国
世界遺産登録:2003年
世界遺産の種類:文化遺産

ジェームズ島と関連遺跡群は、1814年にフランスで奴隷貿易が廃止されるまで奴隷の積み出しに利用されていたジェームズ要塞がある小さな島・ジェームズ島を中心とした遺跡群で、ガンビア共和国の首都バンジュールの東南約35km、ガンビア川の上流から約30km離れた中流、ジュフレーの近くにあります。ジェームズ三世にその名を由来するジェームズ島内のジェームズ要塞は、1651年にイギリスに捕獲されたドイツ人によりつくられました。1816年に造られた首都バンジュール市内の六連砲台や1826年に建造されたバレン要塞などがあり、周辺農村であるサン・ドミンゴやアルブレダ、ジュフレーなどにもさまざまな廃墟や遺構があります。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/56365133
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。