sponsoredlinks

ケニア山国立公園/自然林/ケニアの世界遺産

ケニアの世界遺産の中からケニア山国立公園/自然林についての紹介ですケニア旅行のときにはケニア山国立公園/自然林へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

ケニア山国立公園/自然林
Mount Kenya National Park/Natural Forest
所在国:ケニア
世界遺産登録:1997年
世界遺産の種類:自然遺産

ケニア山国立公園は、アフリカ大陸第二位の高さを誇るケニア山(5199m)中心一帯の自然と動物を保護するために国立公園として設定されました。森林限界である、標高3350m以上の地域が対象となっています。ケニア山はかつて、キリニャガ(輝く山)と呼ばれていました。赤道直下に位置してはいますが、頂上部には万年雪が残っているほか、チンダル氷河など12箇所もの氷河を擁します。登山をする場合、最高峰であるバティアン峰、ネリオン峰(5189m)は難度の高さから一般には開放されておらず、一般登頂が可能なのは、レナオ峰(4985m)までとなっています。生息する動物としては、ロックハイラックス、ゾウ、コロブス、アフリカスイギュウ、ケープバッファロー、カモシカ、エランド、ヒョウなどがおり、固有の高山植物としては、ジャイアント・セネシオ、ロベリアなどが挙げられます。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。