sponsoredlinks

トゥルカナ湖国立公園群/ケニアの世界遺産

ケニアの世界遺産の中からトゥルカナ湖国立公園群についての紹介ですケニア旅行のときにはトゥルカナ湖国立公園群へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

トゥルカナ湖国立公園群
Lake Turkana National Parks
所在国:ケニア
世界遺産登録年:1997年
世界遺産の種類:自然遺産

トゥルカナ湖国立公園群トゥルカナ湖国立公園群は、ケニア北部、トゥルカナ湖にある3つの国立公園の総称です。@東岸に位置するシビロイ国立公園 (Sibiloi National Park) A湖の中央に浮かぶセントラル・アイランド国立公園 (Central Island National Park)B南端近くのサウス・アイランド国立公園 (South Island National Park)の3つの国立公園からなっています。トゥルカナ湖は、「黒い水」と呼ばれているケニア北部のアフリカ大地溝帯にあり、ナイルワニやカバの一大棲息地であり、渡り鳥やフラミンゴを含む350種の水鳥が棲むトゥルカナ湖の生態系や生息環境は、動植物の貴重な研究地区となっています。また、先史時代の環境の理解につながるコービ・フォラ (Koobi Fora) の人類祖先の化石産地があります。交通がきわめて不便な場所でなので訪問者は少ないですが、荒涼とした湖岸に縁取られた翡翠色の湖水が、草木の生えていない絶壁の間を南北に伸びる印象的な景観、水鳥の大規模な生息地、数百万年前の人類の化石の産地、といった観光資源には恵まれています。2001年に登録範囲をサウス・アイランド国立公園も含め、以前の「シビロイ/セントラルアイランド国立公園」(1997年12月登録)から登録名称もトゥルカナ湖国立公園群に変更されました。ケニアの他の国立公園と同じように、ケニア野生生物公社 (Kenya Wildlife Service: KWS) によって管理されています。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。