sponsoredlinks

ラム旧市街/ケニア共和国の世界遺産

ケニア共和国の世界遺産の中からラム旧市街についての紹介ですケニア共和国旅行のときにはラム旧市街へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

ラム旧市街
Lamu Old Town
所在国:ケニア共和国
世界遺産登録:2001年
世界遺産の種類:文化遺産

ラムはケニアの東部、ソマリアとの国境近くにある小さな島、ラム島にある。ラムはケニアのラム島最大の都市。ラム地区 (Lamu district) の行政庁所在地でもあります。ラムは東アフリカのスワヒリ族の言葉で海岸を意味し、スワヒリ系の建造物群がいまなお良好に現存しておりこの東アフリカでも現存する最古のスワヒリ建造物群が評価され、旧市街がユネスコの世界遺産に登録されたものです。この旧市街は現在までその歴史や文化を損なうことなく建物もそのままの形で保持されており珊瑚とマングローブの木材を使った伝統的なスワヒリの技法で造られたユニークな街並みは重厚なドアなどに特徴がありかつては奴隷貿易の中心地のひとつでありました。ラムの民族構成は多彩だが、主要なアラビア交易ルート上に位置したので、住民はほとんどがイスラム教徒であり
儀礼に使った角が多く展示されているラム博物館をはじめとして、町にはスワヒリ文化にゆかりのあるものや地元の郵便制度に関するものなど、博物館がいくつもあります。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。