sponsoredlinks

タイ国立公園/コートジボワール共和国の世界遺産

コートジボワール共和国の世界遺産の中からタイ国立公園についての紹介ですコートジボワール共和国旅行のときにはタイ国立公園へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

タイ国立公園
Tai National Park
所在国:コートジボワール共和国
世界遺産登録:1982年
世界遺産の種類:自然遺産

タイ国立公園は、西アフリカに残された最後の原生熱帯雨林地帯のひとつで、絶滅危惧種と目されるコビトカバをはじめとし、ボノボ(ピグミーチンパンジー)など11種類の貴重種の猿を含めた、さまざまな貴重な動植物が棲息している自然遺産です。タイ国立公園は、コートジボワール南西部にあるリベリアとの国境に流れるカヴァレイ川とササンドラ川の間の低地にあり、3300平方kmが1972年に国立公園として指定され、隣接地の1560平方kmが1977年に監視地として指定されました。コビトカバ、ボノボ以外にもアフリカゾウ、チンパンジー、アカコロブス、ダイアナモンキー、ワニ、ヒョウ、アフリカ・スイギュウ、イボイノシシ、ジャコウネコ、多数の鳥類が生息するタイ国立公園内には、樹高40〜50mもの巨木もジャングルの中に多く存在していますが、心無い密猟によるアフリカゾウなどの生息数の減少や希少な動植物の絶滅危惧の問題は、いまだ払拭sれていません。現状では、森林伐採の問題がなくなってきているのが、唯一の望みですが、環境保護の重要性を訴えるエコ・ツアーなど、さまざまな環境教育プログラムが実施されています。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。