sponsoredlinks

ヴィルンガ国立公園/コンゴ(旧ザイール)の世界遺産

コンゴ(旧ザイール)の世界遺産の中からヴィルンガ国立公園についての紹介ですコンゴ(旧ザイール)旅行のときにはヴィルンガ国立公園へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

ヴィルンガ国立公園
Virunga National Park
所在国:コンゴ(旧ザイール)
世界遺産登録:1979年
世界遺産の種類:自然遺産、危機遺産

ヴィルンガ国立公園(旧アルバート国立公園)は、コンゴ民主共和国の北東部、ウガンダとルワンダ国境沿いに広がる、ヴィルンガ火山群(最高峰カリシンビ山 標高4507メートル)とエドワード湖を中心とした国立公園です。南北約300キロ、東西約50キロにもわたって、実に多様な動物相が存在していることで知られており、中でも、カバとマウンテンゴリラの生息地として有名です。マウンテンゴリラは世界に700頭しかいないとされている絶滅危惧種です。その半数以上が生息しているのが、このヴィルンガ国立公園なのです。公園内のジョンバ・サンクチュアリは、観光客にも開放されています。ただ、隣国のルワンダ内戦、コンゴ内戦の影響で、難民流入、密猟といった問題で深刻な事態となっていて、1994年には危機遺産として登録されました。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。