sponsoredlinks

ガランバ国立公園/コンゴ民主共和国の世界遺産

コンゴ民主共和国の世界遺産の中からガランバ国立公園についての紹介ですコンゴ民主共和国旅行のときにはガランバ国立公園へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

ガランバ国立公園
Garamba National Park
所在国:コンゴ民主共和国
世界遺産登録:1980年
世界遺産の種類:自然遺産/危機遺産

ガランバ国立公園とは、1938年に創設されたガランバ川一帯を含む国立公園で、1980年にはユネスコの世界遺産に登録されました。キタシロサイの保護区として知られているガランバ国立公園ですが、密猟の横行などでキタシロサイは激減し、世界遺産リストからの抹消も検討されたことがあるなど、危機的な状況にある国立公園です。コンゴ民主共和国北東部の、スーダン国境近くに広がっています。この国立公園で最も特徴的なのは、先ほども触れましたキタシロサイですが、このサイはシロサイの亜種で、もともとはコンゴ民主共和国やその近隣など、限られた地域にしか生息していなかったサイです。残念ながら密猟等により、絶滅危惧種に指定されています。また、キタシロサイの生息と並んでこの国立公園の特色となっているのがアフリカゾウの調教です。アフリカの他の国立公園には見られないゾウの調教センターもあり、この調教は観光などに結びつく事業であり、地域住民に収入の途を与えています。結果として密猟を防止することに役立っているようです。ガランバ国立公園のその他の動物としては、コンゴキリン・アヌビスヒヒ・ウォーターバック・ヒョウ・ライオン等が生息しています。植物で特徴的なのは、ソーセージノキ(ノウゼンカズラ科)・ヒパレーニア(イネ科)・パピルスなどが生育していることです。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。