sponsoredlinks

マナ・プールズ国立公園、サピとチュウォールのサファリ地域/ジンバブエ共和国の世界遺産

ジンバブエ共和国の世界遺産の中からマナ・プールズ国立公園、サピとチュウォールのサファリ地域についての紹介ですジンバブエ共和国旅行のときにはマナ・プールズ国立公園、サピとチュウォールのサファリ地域へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

マナ・プールズ国立公園、サピとチュウォールのサファリ地域
Mana Pools National Park, Sapi and Chewore Safari Area
所在地:ジンバブエ共和国
世界遺産登録:1984年
世界遺産の種類:自然遺産

マナ・プールズ国立公園、サピとチュウォールのサファリ地域は、ジンバウエの北部、マショナランド地方の標高1000m近いザンベジ高地のザンビア谷の一部にあります。ザンベジ川の中流、大地機帯の断層が横切る堆積盆地周辺に広がる草原と森林地帯 約6千キロ平方メートルに、ゾウ、サバンナシマウマ、アフリカイギュウ、インパラなどの大型哺乳類・草食動物、川辺にはワニ、鳥類300種以上が生息しています。ザンベイ川は定期的に氾濫し、雨季になるたびに一面が湖のようになる。これを繰り返すため、肥沃な土壌を作り出し、多くの動物の生息に適した地域となっています。ザンベジ川の岸辺は絶滅の危機に瀕したナイルワニの貴重な生息地です。川に面している地域は、水量が豊富なこともあり、マホガニー、イチジク、エボニー、バオバブなどの森林が隣接していることは、草原地には珍しい光景といえます。この地域は、肉食性哺乳類動物が少ないため、ガイド無しでサファリ観光をすることができます。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。