sponsoredlinks

大ジンバブエ国立記念物/ジンバブエ共和国の世界遺産

ジンバブエ共和国の世界遺産の中から大ジンバブエ国立記念物についての紹介ですジンバブエ共和国旅行のときには大ジンバブエ国立記念物へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

大ジンバブエ国立記念物
Great Zimbabwe National Monument
所在国:ジンバブエ共和国
世界遺産登録年:1986年
世界遺産の種類:文化遺産

大ジンバブエ国立記念物はジンバブエ共和国の種とハラレから南に約300kmほど離れたマシンゴ州のジンバブエ高原の南にある石造建築遺跡のことで、
1986年にユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されました。ジンバブエとはショナ語で「首長、王の宮廷」の意味を含む『石の家』という一般的な言葉
であるために、この最大規模で有名な遺跡を指す場合は大ジンバブエ遺跡(グレートジンバブエ遺跡)と呼びます。遺跡の中心部にある石造建築物群は50世
帯ほどの王や首長の一族のために築かれたもので、直方体の花崗岩ブロックを積み上げた円もしくは楕円形の建築物の組み合わせになっています。全体の面積
は周辺集落を含めて東西1.5km、南北1.5kmの約2平方キロメートルです。石造建築は「エンクロージャー(囲壁)」と呼ばれており、北側に「アク
ロポリス」又は「丘上廃墟」と呼ばれる建造物群(エンクロージャー群)、その南方に広がる「谷の遺跡」と呼ばれている建造物群(エンクロージャー群)、
そして最も有名な「大囲壁」(グレートエンクロージャー)の大きく3つに分けられています。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。