sponsoredlinks

カミ遺跡群国立記念物/ジンバブエ共和国の世界遺産

ジンバブエ共和国の世界遺産の中からカミ遺跡群国立記念物についての紹介ですジンバブエ共和国旅行のときにはカミ遺跡群国立記念物へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

カミ遺跡群国立記念物
Khami Ruins National Monument
所在国:ジンバブエ共和国
世界遺産登録年:1986年
世界遺産の種類:文化遺産

カミ遺跡群国立記念物はジンバブエ共和国の西部にあるジンバブエ高原の標高1000メートルのブラワヨの近くにある石造遺跡群で、1986年にユネスコ
の世界遺産(文化遺産)に登録されました。カミという都市は大ジンバブエ(グレードジンバブエ)が首都として放棄された15世紀中頃にトルワ共和国の首
都となり、17世紀中頃まで栄えた都市であり、ヨーロッパ(17世紀に作られたポルトガルの中国製陶磁器の模倣品、ドイツの陶磁器、スペインの皿)の陶
磁器や中国から渡ったと見られる物品(青磁や白磁)が発見されています。これはカミが長年、貿易の中心地として栄えていたことを示しており、また石造建
築や金銀製品の加工技術などは大ジンバブエ(グレートジンバブエ)よりも進んでいたことも分かっています。花崗岩を直方体に切り出して交互に積み重ねら
れた建造物の壁の上部には色の異なる石材を用いて装飾を施していたり、空間を開けたりする技術も見られます。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。