sponsoredlinks

ゲベル・バルカルとナパタ地域の遺跡群/スーダン共和国の世界遺産

スーダン共和国の世界遺産の中からゲベル・バルカルとナパタ地域の遺跡群についての紹介ですスーダン共和国旅行のときにはゲベル・バルカルとナパタ地域の遺跡群へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

ゲベル・バルカルとナパタ地域の遺跡群
Gebel Barkal and the Sites of the Napatan Region
所在国:スーダン共和国
世界遺産登録:2003年
世界遺産の種類:文化遺産

ゲベル・バルカルとナパタ地方の遺跡群は、古代都市ナパタの遺跡で、ゲベル・バルカルには、13の寺院群、3つの神殿群の遺跡があります。ゲベル・バルカルとナパタ地方の遺跡群は、1820年代にヨーロッパの探検家に紹介されましたが、本格的な発掘は1916年からで、ジョージ・レイスナーがハーバード大学とボストン美術館の共同発掘隊のもとで調査にあたることで、始まりました。古代都市ナパタは、カルツームの北400km、スーダン東部の町であるカリマの近くにあります。ナイル川にある瀑布という大きな滝の中の第三瀑布と第四瀑布の間の川沿いに隔たった高さ98mの巨大な砂岩の山(ジャバル)の上にあります。その理由として、エジプト人とクシ(のちのヌビア人)が、彼らの最高神・アモンは、90mの高山に棲むと考えられていたからです。古代都市ナパタは、紀元前1450年頃、当時のエジプトのファラオ(皇帝)であるトトメス3世が征服したゲベル・バルカルを中心に作られた都市で、帝国の南限として繁栄しました。ナパタは、のちにクシと呼ばれ、独立したヌビア王国となります。クシ王国が撤退した後も、ナパタ地方は紀元前350年頃まで王室の住居として、宗教的な中心地として栄えました。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。