sponsoredlinks

アルダブラ環礁/セイシェルの世界遺産

セイシェルの世界遺産の中からアルダブラ環礁についての紹介ですセイシェル旅行のときにはアルダブラ環礁へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

アルダブラ環礁
Aldabra Atoll
所在国:セイシェル
世界遺産登録:1982年
世界遺産の種類:自然遺産

アルダブラ環礁は、アフリカはセーシェルの、インド洋に浮かぶ、世界第二位の規模を持つ環礁(さんご礁が隆起してできた円形もしくは楕円の島)です(第一位の環礁はキリスィマスィ島)。長さは34km、幅が14.5kmで、陸上の面積としては155.4km2、ラグーンになると224 km2にも及びます。人の手がほとんど入らなかったため、ガラパゴス諸島同様に、独特の動物相、植物相が自然の楽園として残されています。中でも、世界最大のゾウガメとして知られるアルダブラゾウガメが約15万頭も生息していて、これはゾウガメの生息地として世界最大の規模です。他の生物としては、クロトキ、ノドジロクイナといった鳥類、パンダヌス・アルダブレンシスといった植物が生息しています。現在、セーシェル島基金によって管理されていて、定住している人間としては、その自然保護スタッフのみとなっています。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。