sponsoredlinks

ニオコロ-コバ国立公園(ニョコロ=コバ国立公園)/セネガルの世界遺産

セネガルの世界遺産の中からニオコロ-コバ国立公園(ニョコロ=コバ国立公園)についての紹介ですセネガル旅行のときにはニオコロ-コバ国立公園(ニョコロ=コバ国立公園)へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

ニオコロ-コバ国立公園(ニョコロ=コバ国立公園)
Niokolo-Koba National Park
所在国:セネガル
世界遺産登録年:1981年
世界遺産の種類:自然遺産

ニオコロ-コバ国立公園(ニョコロ=コバ国立公園)オコロ-コバ国立公園は、セネガル南東部にある国立公園で、西アフリカの国立公園としては最大の面積を誇っています。ギニア共和国との国境に近い、タンバクンダ地方のダカールの東650キロのところにあ利ます。オコロ-コバ国立公園は、1926年に狩猟鳥獣保護区が設置されたのが起源となり、1951年に森林も保護対象になり、ついで1953年に動物保護区に、更に翌年国立公園となりました。ガンビア川とその支流が国立公園内を横切るように流れています。支流のひとつはクルントゥ川で、もうひとつはオコロ-コバ川で、公園名の由来になっています。かつてはこの公園内に羊飼いや農民が住み生活を営んでいましたが、狩猟や農業が禁止され、人間は園内から立ち退くことになりました。国立公園はさらに1962年、1965年、1968年、1969年と相次いで拡張されましたが、各地域が独立して編入されていった結果、十分な管理体制が整備されず、密猟が横行している地域もありました。1981年には世界遺産と生物圏保護区 (MAB) に同時登録され、スーダンサバンナからギニア森林までの幅広い動物層、植物層を保護しています。この2つの植生地帯をもつ公園では、現在、西アフリカで最多の動植物が見られますが、密猟による被害は後を絶たず、アフリカゾウやキリンなどの減少が危惧されています。1990年代からは国立公園当局とフランス海外科学技術調査局(ORSTOM ; 現IRD)が協力し、公園内に生息する動物の頭数の年次調査も行われています。公園内のシマンティ (Simenti) の沼地だけは一年を通じて干上がらないため、渇きを癒したり泥で寝転ぶために、サバンナの動物たちが訪れる場所になっています。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。