sponsoredlinks

セネガンビアのストーン・サークル群/セネガル共和国/ガンビア共和国の世界遺産

セネガル共和国/ガンビア共和国の世界遺産の中からセネガンビアのストーン・サークル群についての紹介ですセネガル共和国/ガンビア共和国旅行のときにはセネガンビアのストーン・サークル群へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

セネガンビアのストーン・サークル群
Stone Circles Of Senegambia
所在国:セネガル共和国/ガンビア共和国
世界遺産登録:2006年
世界遺産の種類:文化遺産

セネガンビアのストーン・サークル群(セネガンビアの環状列石群)は、セネガルのカオラック地域からガンビアのセントラル・リバー区に分布するストーン・サークル群(環状列石群)です。ガンビア川の350kmに沿った幅100km、39000平方kmの地域に広がるセネガンビアのストーン・サークル群は、セネガル共和国カオラック州のシネ・ンガエネ Sine Ngayene(フランス語)とワナール(Warnar)、ガンビア共和国ガンビア川中流地方のワッス(Wassu)、ケルバチ(Kerbatch)という4つの大きなストーン・サークル群と周辺にある数々の塚や古墳からなり、遺跡総数1965箇所の中には、16790基の石碑や石柱が発見されています。その大きさや密度、複雑性は世界的にも珍しく、広大な巨石時代を代表する世界遺産で、ストーン・サークル群の全ては古墳の近くに造られています。各ストーン・サークル群は、直径4〜6mのエリアに8〜14の支柱が立てられ、支柱は、ほとんどが鉄の道具で採石され、ほぼ同一の円柱状、もしくは約2mの高さに加工されています。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。