sponsoredlinks

サン-ルイ島/セネガル共和国の世界遺産

セネガル共和国の世界遺産の中からサン-ルイ島についての紹介ですセネガル共和国旅行のときにはサン-ルイ島 セネガル共和国へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

サン-ルイ島
Island of Saint-Louis
所在国:セネガル共和国
世界遺産登録:2000年
世界遺産の種類:文化遺産

サン-ルイ島はアフリカ西部のセネガルのセネガル川の河口にあります。サン-ルイ島という名前はセネガルが昔フランスの植民地だったころの名残を見せています。植民地だった年代は1638年から1960年までですが、当時はゴムの原料や象牙の輸出港として発展するとともに、奴隷貿易の中心地としても重要な役割を担いました。こうした貿易の中心地として発展したサン−ルイ島の中心地のサン−ルイは、かつてのフランス領西アフリカの首都でした。当時の面影を残す19世紀半ばの都市整備によって築かれた、木製のバルコニーや赤い瓦屋根をもつコロニアル風の家並みは、今でも往時の面影を偲ばせています。その町の古い街並みは、植民地時代に計画的に整備された都市の建造物群が現存しているため、西アフリカにおける植民地支配の様子を現代に伝える貴重な例証となっています。名称サン=ルイ(聖なるルイ)は聖王ルイにならったものであるとともに、当時在位していたルイ大王にちなむものであったといわれています。こうした歴史的町並みが世界遺産として価値があるとして2000年にユネスコに登録されました。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。