sponsoredlinks

ゴレ島/セネガル共和国の世界遺産

セネガル共和国の世界遺産の中からゴレ島についての紹介ですセネガル共和国旅行のときにはゴレ島へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

ゴレ島
Island of Goree
所在国:セネガル共和国
世界遺産登録:1978年
世界遺産の種類:文化遺産

ゴレ島とは、1814年にフランスで奴隷貿易が廃止されるまで利用されていた奴隷貿易中継の島で、島内には、奴隷にまつわるさまざまな施設が残されています。狭く暗い奴隷収容所、奴隷売買が行われていた商館などです。その一方で、セネガル最古のイスラム教の石のモスクや古典主義様式のカトリック聖堂なども残されています。ポルトガル人がゴレ島にやってきた当初は、商業基地として繁栄しましたが、のちに西アフリカ地方などから集められた黒人奴隷やアラビアゴム、黄金、密猟などの交易を巡り、イギリス、フランス、オランダ、ポルトガルによる商権争いが繰り返され、ゴレ島の所有権は転々としていました。ゴレ島は、『絶好の錨地(びょうち)』という意味を持ち、1777年頃に作られ、奴隷の積み出し場として利用された『奴隷の家』は、今では歴史博物館として一般公開されています。ゴレ島は、南北の最長部分が900m、東西の最長部分が300mの小さな島で、セネガルの首都ダカールの沖合3kmの大西洋上にあります。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。